コバード 通気弁 K-EP

コバード通気弁は、集合住宅の屋内で
処理できる新開発の優れた排水用通気弁です。
排水用通気管からの臭気をなくし、
排水に必要な空気だけを吸い込みます。


特徴

●積雪による凍結や閉塞事故を防止寒冷地でも凍結することはありません。防寒カバー付

●作動時の音が静か。しかも容量がさらにアップ 深夜に作動しても音はたいへん静かです。

●シンプルで耐久性バツグン 取り外し可能。メンテナンスフリー商品

●屋内に取り付け可能 より自由な建築デザインが可能になります。また、ベントキャップなど不要。

●通気工事が短縮通気管末端の開口位置における寸法制約がありません。しかも伸頂通気管が短縮され配管部材が削減できます。


シンプルで耐久力バツグン

1.通常時

通常、ゴムパッキンの自重により閉じられていますので臭気の流出を防ぎます。

2.排水時

排気管に、ゴムパッキン以上の負圧が生じるとゴムパッキンは、大気により持ち上げられ、排水に必要な空気を吸い込み、円滑な排水を行います。

3.排水終了時

排水管内の負圧が減少するとゴムパッキンは自重により下がり、閉じられます。また排水管内の正圧が生じた場合も、閉じられたままになり臭気の流出を防ぎます。


通気弁図


寸法図

[※各サイズとも、1梱包10個入]
品番 D1 D2 H1 H2
K-EP-40 132 48 121 54
K-EP-50 132 60 123 58
K-EP-65 132 76 125 60
K-EP-75 132 89 135 65
K-EP-100 132 114 148 70

材質

※TPE=熱成形弾性物質。リサイクル材を使用。
@キャップ部 P.P Aドロップ部 P.P
Bゴムパッキン TPE C主要軸部 ABS

コバード通気弁の施工と取付方法

@コバード通気弁は、必ず、ほぼ垂直に取付けてください。(横向きに設置すると機能が発揮されません。)

Aコバード通気弁は、JIS K 6739(排水用硬質塩化ビニル管継手)に適合。塩化ビニル管継手のソケットに直接空気のもれのないように接着してください。

B排水立て管の頂部に設置する場合は、床面より1m以上、かつ最上階では最高位の器具あふれ縁より150o以上の高所に設置します。

C排水横枝管に設置する場合は、通気管の取り出し場所は、最上流の器具排水管を、排水横枝管に接続した直後下流側としその階の最高位の器具のあふれ縁より150o以上の高所に設置します。

D排水用鋳鉄管や排水用鋼管に取付ける場合、市販の継手(バルブソケット)を使用して取り付けてください。


点検口の設置

コバード通気弁の特長としてはシンプルで耐久性の高いところですが点検・保守・パッキン交換などができる場所に設置してください。

パイプシャフト・天井裏等に設置する場合は、点検口(450×450o以上)を設けてください。

商品の特性上、年に1回程度の内部清掃を推奨します。


メンテナンス

●左に回せば簡単に取り外せます。

●水洗いもでき、点検・保守・交換が手軽に出来ます。

●商品を右に回して「カチッ!」というロック音を必ずご確認ください。

会社案内

お問い合わせ

住所:大阪府堺市西区草部775-1
TEL:(072)260-3601
FAX:(072)260-3637
MAIL:info@tiger-yagi.co.jp